バーチャルオフィス

仕事をする場所を実際に持つことなく、住所だけを利用するオフィスをバーチャルオフィスと呼んでいます。実際に企業に勤めているのではなく、個人で起業や独立をしている方にとって会社の所在地はとても重要になります。HPや名刺に会社所在地を記載する必要もあるため、在宅で仕事をしている人にとっては自宅を記載するのではなく、プライバシー保護の観点からもバーチャルオフィスは有益な利用方法となるのです。また、会社を移転する時には住所変更の手続きだけでなく各方面にさまざまな書類を提出する必要がありますが、バーチャルオフィスを利用しているケースでは、移転時でもそのような煩雑な書類の処理が必要なくなるため、事務手続きがスムーズに行えます。また都心などの住所を利用することで、会社のブランド力アップにも繋がります。

バーチャルオフィスのさまざまなメリットを紹介

プライバシー保護の観点や、東京や大阪の一等地を名刺に会社所在地を記載できるバーチャルオフィスは、他にも多くのメリットがあります。自分が起業している分野にとって、どの都市のバーチャルオフィスを利用することが有効に働くのかを調査し活用することで、会社の繁栄に繋げることも可能となります。また最大のメリットにコストが格段に安いことがあります。実際に会社として機能させるには、住所や電話、ネット環境を設置するだけの初期費用で100万円以上もかかります。これが人気の都心部となれば金額が数倍にも跳ね上がります。しかしバーチャルオフィスの利用では月額1万円ほどで憧れの住所を手に入れることができるのです。それだけでなく会社を機能させるよりも早く開業することができ、コストだけでなく時間や労力といった点でも削減することが可能となるのです。

バーチャルオフィスに最適な都市とは

名刺などに住所を記載する必要がある時、在宅で仕事をしている人にとってバーチャルオフィスはおすすめの利用法となります。万が一名刺を悪用された時に自宅が記載されていては、引越しや転居などの必要が出てくるからです。バーチャルオフィスを利用する方におすすめの場所は集客人員が多い、大阪難波心斎橋地区や名古屋錦栄地区となっています。さらに東京の集客人員は群を抜いて高くなっており、新宿に次いで渋谷地区の人員がトップとなっており、まさに日本で最も盛り上がっている地区となっています。そのため、バーチャルオフィスを利用する方からの人気も高いエリアとなっています。飲食店や娯楽店も多くあるなか、少し歩くだけで落ち着いたビジネス街も現れるなど、知名度も高いのでバーチャルオフィスにおすすめの都市となっています。