バーチャルオフィス

近年、ビジネスにおいて男女問わず独立起業する方が増加しています。起業する為には、開業にかかる資金調達を皮切りに業務をとり行う場所としてオフィスが必要となってきます。そして業務に欠かせないパソコンやインターネット通信機器、オフィス備品等も揃えることとなります。このように一定の必要経費が発生します。そのため出来る限り経費の抑制と効率的な起業準備を進めるため、バーチャルオフィスのサービスを活用した取組みが注目されています。バーチャルオフィスとは実際の業務活動先とは異なる登録住所や電話番号等オフィスに必要な最低限の機能を賃借する仮想事務所のことです。実例は、沖縄を拠点に業務活動されているが、企業の所在地は東京のバーチャルオフィスとなり、東京にオフィスを構えている企業と判断され、結果、イメージアップに繋がる事が予想されます。

バーチャルオフィスの基本的な知識

仮想的空間であるバーチャルオフィスを利用しビジネスを考える場合、まず契約申請が必要ですが、提供している企業まで出向く必要は一切ありません。インターネット上で申し込み手続きを完了させることが出来ます。従って、地方の遠方から首都圏のバーチャルオフィスを契約することが可能なのです。仮想的空間のオフィスですが実際、そのオフィス住所に来訪者があってもオプション契約によっては来客対応やミーティングルームが準備されますので心配は無用です。またオフィスへの電話は転送可能であり、配送品の転送も対応してくれます。バーチャルオフィスを利用する方には、自宅で業務を行なっているものの自宅住所を開示したくないため、バーチャルオフィスを契約し活用しているケースが多く見られます。このように利便性が高く、ランニングコスト抑制に大いに役立つバーチャルオフィスは、個人事業主の力強い味方となっています。

バーチャルオフィスを利用する魅力や利点

バーチャルオフィスを活用する最大の利点は、都心の一等地にオフィスを構え、コストをかけずにビジネスができる点です。一等地にオフィス賃貸契約する場合、莫大な経費が必要となります。インターネット取引が中心のビジネスであればオフィス賃貸料は収益の障害となります。しかし、日本では一等地にオフィスを構えているだけで信用度が増す傾向は根強く残っています。確かに、初めて注文取引する際、一等地のオフィスビル内に事務所が有れば、安心感が得られます。裏返すとバーチャルオフィスによって会社のイメージアップを図ることが可能と考えます。実際、契約先オフィスで会議や打合せも事前に連絡しておけば対応できます。オフィス住所に顧客より返品商品が届いても転送され業務に支障を来すことはあまり見当たりません。加えて契約も必要な時に、計画的に実施できますので業務の幅が拡がると考えます。